鳥取県土砂災害警戒情報 解説

利用上の注意

土砂災害警戒情報や土砂災害危険度は、降雨から予測可能な土砂災害のうち、避難勧告等の発令が必要な土石流や集中的に発生するがけ崩れを対象としています。土砂災害警戒情報が発表されていなくても、渓流や斜面の状況に注意して、異常を感じたら早めの避難をこころがけて下さい。

土砂災害危険度について

土砂災害危険度は、鳥取県の観測雨量・レーダーアメダス解析雨量等に基づき現在及び今後の降雨水準の分布を、一定の条件に基づき算出しているものです。これらの情報には、観測誤差や解析処理の精度限界から、実際の降雨水準を正確に表現できない場合があります。また、土砂災害警戒情報に対する留意点と同様に、対象としている自然災害が土石流、集中的に発生するがけ崩れ災害であること、発生場所時間等を特定するものではないこと、予測困難な地すべりなどの現象を対象としていないことなどの留意事項も含まれます。
 従って、土砂災害危険度の表示状況によらず、渓流や斜面の状況などに注意を払い、前兆現象等の異常に気付いたときは直ちに安全な場所へ避難して下さい。

土砂災害警戒情報について

土砂災害警戒情報は、降雨から予測可能な土砂災害のうち、避難勧告等の発令が必要な土石流や集中的に発生するがけ崩れを対象としています。しかし、土砂災害は、それぞれの渓流や斜面における植生・地質・風化の程度、地下水の状況等に大きく影響されるため、個別の災害発生箇所・時間・規模等を詳細に特定することはできません。また、技術的に予測が困難である斜面の深層崩壊、山体の崩壊、地すべり等は、土砂災害警戒情報の発表対象とはしていません。

土砂災害警戒情報が発表されていなくても、渓流や斜面の状況には常に注意を払い、普段とは異なる状況(一般に「土砂災害の前兆現象」と言います)に気がついた場合には、直ちに周りの人と安全な場所に避難し、役場に連絡して下さい。日頃から危険箇所や避難場所、避難経路を確認しておくことが重要です。

免責事項

鳥取県は、「鳥取県土砂災害危険度」(以下「本サービス)という)において、ホームページからの提供情報に基づいた活動において発生したいかなる生命、身体、財産上の損失又は損害について、一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了解の程お願い申し上げます。

本サービスは、通信回線設備、システムの障害、メンテナンス、その他やむを得ない事由により、利用者に事前に通知することなく一時的に遅延又は中断されることがあります。鳥取県は、本サービスの遅延又は中断等が発生したとしても、これに起因する利用者又は他の第三者が被った損害について一切の責任を負いかねます。

ページの先頭へ